住みよい街づくり、なごみある三重県をめざして

靖国神社参拝と全国戦没者追悼式、

2018/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三重県議会議員 前野和美

平成30年8月15日、日本武道館で全国戦没者追悼式(政府主催)が行われました。国歌斉唱、安倍総理大臣の式辞の後、1分間の黙祷が行われ、天皇陛下からお言葉をいただきました。「全国戦没者追悼式に臨み、先の大戦においてかけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。、(中略)過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」

約6、500人の参列者集う中、内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、遺族代表が追悼の辞が述べられ、代表参列者による献花が行われました

三重県遺族会 伊藤 早苗副会長にご挨拶

 

三重県遺族会の皆さんに日本武道館会場で挨拶

 

全国戦没者追悼式に子供代表団の皆さんが参列しました。三重県は、時代を担う若い世代に平和の尊さや大切さを伝えるため、子供代表団を派遣しています。

全国戦没者追悼式に参加した子供代表団の皆さと記念撮影

 

三重県遺族会の皆さんの席から

 

平成30年8月15日、朝から靖国神社に参拝をしました。手水から人が並んでいて、なかなか拝殿には、到着できません。すでにこの時間には、全国の遺族会の皆さんは、日本武道館に集結をされていて、一般参拝者の方が行列を作っています。参拝者の中には、若い人たちの姿が見られ、先の大戦で亡くならた噂霊に手を合わす姿には胸が熱くなりました。その姿を見て、日本の行く末の安寧を感じました。

靖国神社に参拝

 

靖国神社正面からの写真撮影は、禁止されていて、少し離れたところから記念写真

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三重県議会議員 前野和美

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 前野和美 県政リポート , 2018 All Rights Reserved.