住みよい街づくり、なごみある三重県をめざして

三重県議会議員 前野 和美

陽春の候、皆様におかれましては、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
昨年9月、産業・スポーツセンター(サオリーナ)がオープンし、市民の憩いと潤いをもたらす施設として、早くも100日目で10万人目の入場者にお祝いの記念品が贈られました。
もう一方では、真宗高田派の総本山である専修寺の「御影堂」と「如来堂」が国宝に指定されました。国宝指定は、三重県初の出来事で祝賀ムードが高まる中、親鸞聖人の報恩講「お七夜さん」がつとまり専修寺の門前には露店が並び、 いつにない賑わいで溢れかえっていました。
今年は、二つのお宝と周辺の観光施設を組み合わせ、津市の魅力をさらに高めていきたいと思っています。
私も、「情熱」をもって取り組み、直ちに「行動」し「信頼」される議員で、ありたいとの思いで「現場で仕事をモットー」に頑張ります。
さらなるご支援のほど、よろしくお願いいたします。

2018年2月三重県議会議員 前野 和美

Copyright© 前野和美 県政リポート , 2018 All Rights Reserved.