住みよい街づくり、なごみある三重県をめざして

全国戦没者追悼式三重県遺族会の皆さんとの懇談会

2018/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三重県議会議員 前野和美

平成30年8月14日午後6時30分、ホテルニューオオタニの芙蓉の間で、三重県遺族会の皆さんとの会食懇談会が行われました。                                                初めに、三重県遺族会会長 衆議院議員 田村 憲久先生の挨拶から始まり、自由民主党三重県支部連合会 会長 衆議院議員 三ツ矢 憲生先生の挨拶、続いて、三重県選出参議院議員 吉川 ゆうみ先生の挨拶、その後三重県議会を代表して、三重県議会副議長の私 前野 かずみが挨拶をさせていただきました。

三重県遺族会の参加者は、214名。 毎日暑いですなから始まり73回目の終戦記念日は、明日15日。長い苦労苦難の時代を得て平和な現在、いつまでも続いてくれることを願っています。夫や父、兄弟家族を亡くした 遺族の皆さんの声です。戦争の体験のない国民が半数を超え、悲しくてつらかったこの体験をどう引き継いでいくのかと考えると、居ても立っても居られないと言われる方もありました。遺族会の皆さんは、今日、靖国神社にお参りをしてこられたそうで、私は15日朝から靖国神社にお参りします。

三重県遺族会懇談会での挨拶 ホテルニューオオタニ

 

三重県遺族会会長 衆議院議員 田村 憲久先生挨拶

 

自由民主党三重県支部連合会会長 衆議院議員 三ツ矢 憲生先生

参議院議員 吉川 ゆうみ先生

 

三重県遺族会副会長 伊藤 早苗さんの挨拶

この記事を書いている人 - WRITER -
三重県議会議員 前野和美

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 前野和美 県政リポート , 2018 All Rights Reserved.